HOME>当社の特徴
 
当社の特徴
1独立系管理会社
2関西を営業基盤
3自前のスタッフ
4安心の先取り
5 オリジナルサービス
6管理員研修会

 

当社の特徴


独立系マンション管理専門会社であること
関西を営業基盤とする会社であること
自前のスタッフでの日常管理体制
建物、設備の安心の先取り
5	多彩なオリジナルサービスの提供
充実した教育体制[管理員研修会]

 

 
   
    1独立系マンション管理専門会社であること
   


独立系であるため、常に競争原理の厳しい環境の中で、信頼の絆により管理戸数の拡大を図ってまいりました。

  1. 基本的姿勢 … 適正価格による高品質なサービス提供を心がける会社です。
  2. フロントマンは多彩な経験とノウハウを蓄積しており、管理組合運営に適切なご支援を提供いたします。
  3. 特定の事業主の販売物件に限定することなく、多くの事業主が販売された物件を管理しております。
  4. 独立系管理会社として総合管理の見地から、建物・設備保全のための業者選定および費用面について、貴管理組合の立場にたってのアドバイスが可能です。

    ▲up 
   
    2  関西を営業基盤とする会社であること
   


名前のとおり「浪速」を中心に関西の管理物件が95%強あり、関西においてはトップクラスの管理受託戸数を有し、当社の組織を挙げた管理体制で管理サービスを提供いたします。

    ▲up 
   
    3自前のスタッフでの日常管理体制
   


責任を持って管理業務を遂行するため、自社のスタッフでの管理業務を提供いたします。管理員・清掃員はもちろん、設備対応・長期修繕計画作成の技術スタッフも…
したがって、管理員の月例研修を実施するなど社員のレベルアップに尽力しています。

    ▲up 
   
    4  建物、設備の安心の先取り
   


計画的なメンテナンス業務で暮らしの安全を守り、大切な資産価値を保ちます。

  1. 365日・24時間、共用施設のトラブルに迅速対応。緊急時に備えます。
  2. 長期修繕計画の立案[1977年(昭和52年)から無償提供]
  3. 大規模修繕工事の実施にあたり共通仕様書、統一見積書の作成から工事監理へ(有償)

    ▲up 
   
    5  多彩なオリジナルサービスの提供
   


業界初のコミュニティ紙「ザ・マンションL&M」や、「好きです!花と緑のある暮らし」をキャッチフレーズにマンションの緑化推進に貢献するなど、当社独自の多彩なオリジナルサービスを提供しています。


ザ・マンションL&M [1982年(昭和57年)12月創刊]

業界初のコミュニティ紙『ザ・マンションL&M』は1982年(昭和57年)に創刊。全居住者および関連企業に無償配布しています。いわゆる家庭紙とは一線を画し、「管理」を編集企画の核にすえたさまざまな情報提供で、大切な資産価値の維持と快適なマンションライフのサポートを目指したもの。制作担当もすべて本社スタッフによる本紙は、管理に対する居住者のニーズをダイレクトに受け止め、今知りたいことや伝えたいことなど、マンションライフに密着した内容をわかりやすく記載しています。当社の取組みも都度ご紹介していますので、きっと、信頼のパートナーとしてより良い関係が築けるものと思います。(発行/年4回)


マンション緑化推進
好きです!花と緑のある暮らし [1989年(平成元年)10月着手]

“管理”への熱い想いを花に込めて…
花や緑とふれあい、語らうことを通じて喜びや安らぎの感じられる、潤いのある環境も大切な資産だと考え、浪速管理ではマンション緑化推進に積極的に取り組んでいます。
南国土佐にある自社園芸用地で種蒔きから始め、慈しみ心を込めて育てた草花や観葉植物を季節ごとにお届けする私たちの緑化推進は、華やかさはなくても決して手を抜かず、皆さまにご満足いただける管理を目指している浪速管理のオリジナルサービス業務です。


顧問弁護士:法律相談

万一、マンション内においてトラブルや訴訟がらみの問題が発生した場合もご安心ください。関西屈指の弁護士事務所「御堂筋法律事務所」と提携し、ご相談をお受けしています。マンション管理に必要な法的バックアップも万全です。

    ▲up 
   
    5  多彩なオリジナルサービスの提供
   


管理員研修会 [1977年(昭和52年)7月開始]

毎月1回、管理員研修会を開催。管理業務だけでなく時期にあったテーマで研修を行い、管理員業務の質的向上を図るとともに、スタッフ間のコミュニケーションの場としても活用しています。
また研修内容は1年ごとに「研修会レポート」として冊子にまとめ、管理組合様に提供しています。どんな研修を行っているかを報告することも、皆さまとの信頼関係を築く大切な要素だと考えているからです。

    ▲up