HOME住まい方とお役立ち情報>いま揃えておきたい災害備蓄用品
 
住まい方とお役立ち情報
前のページへ メニューへ 次のページへ
 
  いま揃えておきたい災害備蓄用品
   
 

大震災の教訓を生かして確かな備えを
平成23年3月の東日本大震災は、国内観測史上最大規模の巨大地震に大きな津波と原発事故が重なった複合型の災害で、東北地方を中心に広い地域で過去に類をみない甚大な被害が発生しました。自然災害はいつどのように起きるか分かりません。西日本、特に関西においては平成7年に阪神淡路大震災を経験しましたが、近い将来、東海・東南海・南海地震の発生が懸念されています。
災害から身を守るためには日頃の備えが必要です。大震災の教訓を生かして一人ひとりの防災意識を高めると共に、「ご家庭での備え」「管理組合としての備え」を今一度ご確認ください。

大規模な地震への備えは、発生時と被災後を想定して準備をすることが大切です。どのような問題が実際に起きたのかを、阪神淡路大震災・新潟県中越沖地震の事例とあわせてご紹介しましょう。

[発生時と直後]に多かったのは、家具の転倒やガラスなどの飛散による怪我・ガスコンロや電化製品からの出火による火災・玄関扉の変形による脱出困難・エレベータ停止による避難困難(特に高層階)・固定電話や携帯電話の不通による連絡不能等です。
[被災後]は、停電によりエレベータが停止し、食料や水の調達まですべて階段を利用しなければならず、夜は暗闇となったこと。また水道・ガスが停止した状況では調理や洗濯、入浴はできませんし、中でも一番困った問題としてトイレが使えなかったことがあげられています。

ちなみに阪神淡路大震災でライフラインの復旧に要した日数は、神戸市の場合、電気[7日間]・ガス[85日間]・水道[91日間]・下水道[135日間]で、周辺の被災地でもほぼ同じ順で復旧しました。過去の震災においても電気の復旧が最も早いのですが、東日本大震災では復旧後も計画停電による日常生活への影響がありました。また上下水道の復旧の長期化は衛生面での課題が大きく、感染症や不快感による精神的疲労の蓄積が心配されます。地震発生時は身の安全を第一に、被災後はライフライン復旧までの生活を考えた最低限の備えは不可欠です。

では、具体的にどのようなものを災害備蓄用品として備えておけば良いのか考えてみたいと思います。

    【ご家庭での備え】
   
  • 家具の転倒やガラス飛散の防止策はもちろん、救急箱(服用中の薬も)、非常用持出袋として非常用品・食糧・飲料水(1人1日3g目安)3日分を備えておきましょう。
  • 保存食をご家庭の生活にあわせて備蓄しましょう。水だけで温められる非常食セットや、ハイパワー加熱セットも注目商品です。
  • 携帯ラジオは予備電池もお忘れなく。東日本大震災では乾電池不足が深刻でした。手回し発電式のラジオは携帯電話も充電可能。LEDライトのヘッド部分の角度が自在に変えられるライトラジオも人気です。
  • 袋式の簡単トイレセット、組立の簡易なポータブルトイレ、既設の便器にセットできるものなど様々な商品があります。必需品として是非備えておいてください。

    【管理組合としての備え】
   
  • 住戸内に閉じ込められた人の救出に使用する大型ハンマーやバールが入った工具セットなど、家庭では保管が困難なものをお勧めします。
  • ライフライン復旧長期化で懸念されるのが、個人での備蓄量に限界のある食糧や飲料水とトイレ対策です。組立式仮設トイレや、自治体に確認が必要ですが、マンホールに直結する災害対策用トイレも開発されています。
  • 怪我人や歩行困難な方の搬送用担架、エレベータ停止時に階段を一人で安心して搬送できる階段避難車が注目されています。
  • 夜間や停電時の作業用にはハロゲン式投光機と発電機が活躍します。発電機付投光機も販売されており、計画停電の際に玄関やエントランスホールを照らして、帰宅される方や近隣の方に喜ばれたと報道されていました。

災害備蓄用品の保管場所がない場合は、屋外への備蓄倉庫の設置がお勧めです。ただし、サイズや設置場所によっては役所との協議が必要となることがあります。また、倉庫内の温度変化や結露による影響、忌避小動物の侵入等を防ぐため、倉庫を選ぶ際は十分にご注意ください。

    【話題・注目の商品】
  1. 非常食セット[No13] 6,195円
    マジックライス・水・発熱体がセットになった非常食セット。
  2. ハイパワー加熱セット[4100] 1,155円
    保存食や水を安全・簡単に加熱することができます。
  3. 2LEDダイナモラジオライト/2パターン充電プラグ付[ADL-022] 2,940円
    手回しで発電、充電できるFMラジオ付LEDライトです。
  4. 簡単トイレセット(密閉式収納袋付)[6112] 787円
    新開発の密閉チャックで、臭気を外に逃がさない収納袋付。
  5. マンホール対応型トイレ(テント型)[6076] 189,000円
    車イスの方も安心して使用できます。
  6. 階段避難車[6600] 208,950円
    わずか9キログラムの軽量・コンパクト、女性でも容易に扱えます。

 

 
[浪速管理・浪速技建] 信頼できる商品を特別価格でご提案!

浪速管理・浪速技建では、平成17年から災害備蓄用品のご提案を行い、管理受託マンションの皆さまから多くの反響とご支持をいただいております。弊社では単なる販売目的ではなく、自然災害による被害を最小限に軽減するのが「今日の安らぎ、明日への安心」をいただく一助と考えております。
ここにご紹介した商品はほんの一例ですが、新たな備蓄品や保存食の買替用として各種商品を取り扱っております。また価格面においても、災害備蓄用品は定価販売が多く見受けられますが、メーカー・代理店とのタイアップにより最大30%割引でご提供させていただきます(商品・数量により異なります)。
お問い合わせや、管理組合ごとの提案・見積りのご要望、マンションでまとめてのご購入などございましたら、浪速技建[防災担当](06-6441-4300)までお気軽にお声掛けください。

▲up